top of page
検索

厚生年金がなくても大丈夫。

更新日:2022年6月25日

アーティストやミュージシャン等、個人事業主に当たる方々の

心配事項の一つに「年金」の問題があります。

私が昔バンドマンだった頃は、年金の事など教えてくれる人も

学校の授業もなく全く無知だったのですが、

今では会社員には厚生年金があり、将来もらえる年金が

個人事業主より多いと知っている方も少なくは無いと思います。


確かに会社員は厚生年金に強制加入となりますので、

毎月の給料から健康保険と合わせて社会保険料が徴収されます。

なお保険料は会社に半分の負担義務があるので、

社員からの徴収は半額となります。


ただ一つ大切なのは、皆さんの20歳から加入義務になっている

国民年金は、会社員が毎月徴収されている保険料に含まれています。

現在国民年金を40年間(480ヶ月)全て納付して、

将来支給される年額が約78万円になります。

それに加えて会社員は厚生年金が加わるのですが、

実際にどのぐらい加わるかというと、

生涯給与平均30万円の人が、国民年金同様40年保険料を支払うと、

国民年金と同額ぐらいの78万円ほどが支給されます。

合計156万円なので、毎月もらえる年金額は13万円になります。


個人事業主がこの78万円の差を、どう埋めるかになりますが、

まずお勧めはiDeCo(イデコ)になります。

個人型確定拠出年金になるのですが、難しいことはさておいて

iDeCoに毎月4万円ほど30年間積み立てることができれば、

将来78万円(25年間)ほどの年金追加相当額を作ることができます。

確かに毎月4万円は大変ですが・・・・・。


iDeCoの良い点は毎年の納付額全額を、確定申告時に

総収入から控除することができます。

生命保険などはいくら払っても限度額5万円等しか

控除できないのですが、iDeCoは満額です。

iDeCoに年間48万円積み立てる事により、

源泉徴収から48,000円還付される事になります。

さらに翌年以降の住民税の課税評価額も下がるので、

住民税の節税に大きく貢献します。


ちなみにiDeCoは会社員も年金の積み上げとして

入ることはできます。ただ会社員は毎月23,000円

(年間276,000円)が限度額ですが、

個人事業主は毎月68,000円(年間816,000円)まで

積み上げることができます。


国民年金だけの支給に大きく不安を感じている方は

まずは現在無理の無い金額からiDeCoに加入して、

その後余裕があれば増額(可能です)していくのが

ベストだと思います。


詳細を知りたい方は、ぜひ私までご相談下さい!












閲覧数:168回0件のコメント

最新記事

すべて表示

インボイス制度、ネットでカード購入はNG??   New!!

昨年10月よりインボイス制度がスタートしましたが、やはり個人事業主の方々の注目度は大変大きいと感じています。 インボイス制度になると売上10%分の消費税を確定申告時に納めなくてはならないのですが、この対象になるのは「売上で預かった消費税ー必要経費で支払い済みの消費税」です。 例えば年間に300万円の売上があり、30万円の消費税を預かっているとします。それに対して、仕入れや必要経費で150万円の出金

つみたてNISAとiDeCo どっちが良い?

最近多く聞かれるのに、「つみたてNISAとiDeCoって、どっちが良いの?」という質問があります。 来年からNISAも新NISAとなり、制度の内容も大きく変わります。それによって「NISAの方が良いんじゃないの?」と考えてる人もいますが、実はこの2つは投資信託を扱う点に関しては同じですが、その他はかなり変わってきます。 まずNISA(つみたてNISA)は、 “少額から投資を行うための非課税制度” 

インボイス制度には早めの対策を。

個人事業主、フリーランスの方々はすでに情報を収集されていると思いますが、 2023年10月よりインボイス制度がスタートします。 現在、1年間の収入(売上)が1,000万円未満の方は、消費税の納付を免除されているので、請求書を提出する折に特に消費税の事を気にしていなかった方も多いと思います。 ただそれはクライアントから消費税を受け取っていなかったわけではなく、内税として 消費税込みの金額を受け取って

bottom of page